ササカンは京都大学 IPS細胞技術の産業界への普及を 継続的に支援して参ります。

ササカンはノーベル賞受賞、山中教授が理事長を務める

京都大学 IPS細胞研究財団を支援しております。

現在IPS細胞技術は日本のみならず世界に広がり、角膜の移植などによる

視力回復などの成功例が出始めています。

IPS細胞技術が産業界へいち早く普及し1人でも多くの患者様が

救われることをササカンは微力ながらも継続的に今後も支援して参ります。

前の記事

2023年 新年のご挨拶